新卒採用情報 中途採用情報
Koshinは、年齢や立場にとらわれず
本気で、徹底的に意見をぶつけ合う場を設けています。
それは、合意形成を図るための、妥協や調整の場ではなく
新しい価値やコンセプトを創りだす場です。
社員が腹を割って、本音でワイワイやり合うことは
Koshin独自の文化なのです。
人にはさまざまなタイプがあります。得意とする分野も人それぞれです。
だからこそ、得意とする分野には積極的に取り組み
自分をより高めていくことができるのです。
そのためには、自分はこういう考え方であると、意思表示することが大切になります。
Koshinは、社員ひとりひとりの思いが先にある会社です。
単に、利益を上げるためにだけ仕事をしている訳ではありません。
Koshinは、個人の夢とか志を具現化していく場であり
広告という世界を通して社会に貢献していくことを使命だと考えている会社です。
資本が大きくなれば、仕事ができるという考え方は
人間性を無視した資本主義だとKoshinは考えます。
そこで仕事をしている人の努力と、その人のアイデアと時間をいかに稼ぐか
ということによって会社は大きくなれるのです。
それぞれの仕事の現場で、見たり、聞いたりをくり返し
さらにそれを試したりすることがいちばん大事であると考えます。
たとえ試して失敗したとしても、その理由に気づいたとき
そこから一歩進むことができるのです。
人それぞれに能力の差というものはなく、違いだけが存在すると考えます。
個々の能力の優劣よりも
各個人が持てる力をいかに発揮するかということが重要なのです。
会社として最大限の力を生み出すためには、それぞれの個性を認め合い
その持ち味を充分に発揮することが大切だと考えています。
自分は、こうなりたいという希望に燃えて、誰もが入社するはずです。
それこそ、自分のために働くことが絶対の条件なのです。
一生懸命に働くことが、同時に会社のプラスとなり
会社を良くしていくのです。
ひとつの仕事に取り組んだら、それを絶対に手離さないと
心掛けることが必要です。たとえ、周囲の人を引きづりこんでも
決して周囲に引きづり回されないないことです。
仕事に引きづり回されることは、長い間に大きな違いが生じます。
能率とは、プライベートの生活をエンジョイする時間を濃くするものです。
つまり、一日二十四時間という限定された中で
アイデアと工夫によって働く時間の密度を濃くし
より多く自分の生活を楽しむ時間を生み出します。
遊びの時間も自らのアイデアと工夫で思いっきり楽しめるのです。
Koshinは創業以来終始一貫してまだ誰も歩いたことのない
新しい道を求めてきました。
これからも、未踏の地を自らの手で切り拓き、大いなる志を抱いて
独自の道を突き進んでいきます。
仕事は、自らが率先して創りだし、決して与えられるものではありません。
同時に仕事は先手先手と働きかけながら進めていくもので
決して受け身になって進めていくものではありません。
失敗を恐れて、何もしなければ、そこに進歩はありません。
たとえ失敗しても、それを乗り越えるところに新たな知恵が生まれてきます。
ただそこに留まって、行動しなくては何も生み出せません。
Koshinは、チャレンジする精神と行動を重んじています。
社会のために自分は何ができるのか。言い換えれば、いかに高い夢を抱くか、
いかにその実現にむけて情熱を燃やし続けていけるか。
こうした考えのもとに、Koshinは時代のニーズを先取りし、
独自のノウハウを駆使し、
社員ひとりひとりの可能性をひろげていきます。
仕事の進め方、仕事への関わり方、また取引先との意思の疎通など、
時として仕事上の摩擦が生じることがあります。
しかし摩擦を怖れる必要はありません。
摩擦が生じることによって、そこに進歩が生まれ、
積極的に仕事を進めるうえでの肥しにもなるのです。